毛穴レスTIPS

クレンジングの乳化とは?やり方のポイントや美肌になるメリット・デメリット

この記事では、クレンジングで行う「乳化」について解説します。

ちゃんと乳化をすると肌にとってもメリットが大きく、ツルツルで潤いある美肌を目指せて良いことだらけ!乳化をしてメイク落としする際のポイントも含めて解説していきます。

クレンジングの乳化とは…油性の化粧や汚れを水になじませること

そもそも乳化とは、本来混ざり合うことのないものをつなぎ合わせてくっつけること。

ですが普通は水と油を同じコップに入れたとしても、混ざり合うことはありませんよね。
化粧や過剰な皮脂汚れは油性の成分のため、水だけで洗うと綺麗に落とすことができません。

そこで、化粧や油性の汚れを水とつなぎ合わせて、水でちゃんと落ちるようにするのが乳化。

クレンジングに含まれる界面活性剤は、化粧と水を乳化させることができるので、簡単にメイクを落とすことができます。

KYOKO
KYOKO
例えば、ドレッシングなんかもそうです。オイルと酢などの水分を乳化させることで、白濁してしっかり混ざった状態になりますが、この場合はお酢が界面活性剤の役割をしています。

界面活性剤=肌に悪く、化粧品に入っていてほしくないもの、と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、油性の成分である化粧を落とすために界面活性剤は基本的に必ず入っているものです。

危険性が指摘されているのは、石油系合成界面活性剤と呼ばれるものですが、クレンジングではほぼ使用されません。

ほとんどのクレンジングは、肌への刺激をちゃんと考えて選ばれた成分が使われているので、ご安心下さい。

クレンジングで乳化ができていない時のデメリット

クレンジングの時に乳化が不十分だと肌に化粧が残ったり、肌荒れの原因になります。

乳化できていないと化粧がしっかり落ちない

乳化が不十分なままクレンジングを洗い流してしまうと、肌には化粧が油分に包まれたまま、残った状態になってしまいます。

水となじみきっていない油性の汚れは肌表面に残り続け、酸化すると黒ずみの原因にもなりますし、刺激となってメラニンの生成を促すことにも。

乳化できていないとクレンジング剤も落ちていないことも

また、クレンジング剤も落としきれていない場合があります。

クレンジング剤には界面活性剤が含まれているため、肌に残ると皮脂などの必要な油分を吸着してしまい、肌荒れの原因にもなります。

クレンジング後もぬるぬるがいつまでも残っているような状態だと、乳化がちゃんとできていない可能性もあるので注意しましょう。

クレンジングを乳化させるポイント

ビューティークレンジングバームをなじませたところ

肌に化粧や油性の汚れが残らないよう、ちゃんと乳化させるポイントやコツを解説します。

手順としては最初にポイントメイクを落としてから、以下の手順でクレンジングします。

💡乳化の手順

  1. 適量のクレンジングを手に取る
  2. 皮膚の強いところから順にクレンジングを優しく馴染ませる
  3. ぬるま湯でクレンジングと水をなじませ、乳化させる
  4. 全体が白くなったら完了。ぬるま湯で手早く洗い流す

順番に解説していきますね。

適量のクレンジングを手に取る

まずはクレンジングを手のひらに適量とります。

量は商品によって違うので、使用するクレンジングの説明書を参考にしましょう。

皮膚の強いところから順にクレンジングを優しく馴染ませる

次に、皮膚の中でも強い部分から順番に、クレンジングをのせていきます。

順番は

  1. おでこから鼻にかけてのTゾーン
  2. 頬などのUゾーン
  3. 目元・口元

です。

それぞれクレンジングをのせ、指の腹を使って優しく化粧と馴染ませていきます。
Tゾーンが終わったらUゾーン、Uゾーンが終わったら目元・口元、と順番にできればベストです。

強く摩擦をかけてこすると肌に負担がかかり、トラブルの原因にもなるので優しく馴染ませます。
特に目元・口元は皮膚も薄く、弱いので、特にやさしく、ていねいに行いましょう。

ぬるま湯でクレンジングと水をなじませ、乳化させる

ぬるま湯を手に取り、水と油を馴染ませていくと、白っぽく乳化していくのがわかります。
この時、水の量が多すぎるとうまく馴染まず乳化しずらいので注意です。

クレンジングの半分の量程度の、少量の水で優しく馴染ませていくことで、クレンジングが白濁してきます。

テクスチャによって量も違いますが、うまく乳化していかない場合は少しずつ水を足していきましょう。

全体が白くなったら完了。ぬるま湯で手早く洗い流す

クレンジングと水が乳化白くなったら、ぬるま湯で手早く洗い流します。
この時も肌はこすらず、あくまでもゆすぐ感覚で洗い流すのがポイントです。

多少ぬるつきが残っていても、次に洗顔をするので大丈夫。W洗顔不要の場合はゆすぎをより丁寧に行うと良いでしょう。

クレンジングが乳化しない時の原因

クレンジングが乳化しない時の主な原因は、水の量によるものです。
特に、お風呂場でクレンジングをしているという方は、手が塗れた状態でクレンジングをすると、最初の段階で化粧とクレンジングが馴染みにくくなってしまいます。

お風呂場でクレンジングを行う時でも、必ず乾いた手で馴染ませていきましょう。

洗い流す時は弱めのシャワーでも良いかもしれませんが、乳化させる時はバスボウルなどにぬるま湯をためて、少しずつ水を足しながら乳化させるとうまくいきます。

クレンジングの乳化には美肌になるメリットが沢山♡

しっかりと乳化させてから洗い流すことで、化粧や毛穴の皮脂汚れが浮き上がって、水と一緒にするんと落ちていきます。

それによって、美肌を目指せる嬉しいメリットも。

乳化することで洗い流しが簡単に

乳化させる、というステップが増えると逆に手間がかかると思ってしまいますが、楽になるんです。

乳化させることでクレンジングが水で簡単に落ちるようになる上、しっかり化粧と馴染んでいるので、ゆすぐだけでスルッとメイクオフすることができます。

乳化することでくすみの防止にも

クレンジングをしっかり乳化させてから行うと、小鼻や目のキワなど、細かい場所に入り込んでしまっている化粧もしっかりと落とすことができます。

乳化ができていない場合はクレンジングを洗い流す時にも少し摩擦をかけて落としてしまうこともあるかもしれませんが、これでは肌への刺激となってメラニン生成の原因にもなりますよね。

乳化させた状態ならぬるま湯で簡単にゆすぐだけで、細かい部分の化粧もしっかり落とせるので、肌に余分な負担や刺激がかからず、くすみの予防になります。

乳化することで毛穴汚れが落ちたつるすべ肌に

また、クレンジングをしっかり乳化させて洗い流すと、毛穴に詰まった皮脂汚れや、古くなった余分な角質も同時に落としやすくなるので、洗い上がりもツルツルで柔らかい肌に整えることができます。

詰まり毛穴やニキビの予防にもなるので嬉しいことだらけ。

クレンジングを乳化させないと肌に残った油性の汚れが原因でオイリー肌や肌荒れになることもあるので、そういった肌トラブルの予防にもなります。

まとめ:クレンジングの乳化で肌に優しくメイク落としを

クレンジングは乳化させることで肌に優しく、より簡単にメイク落としをすることができるようになります。

気になる毛穴やニキビ対策に、ていねいなクレンジングで透き通った美肌を目指しましょう!

KYOKO
KYOKO
この記事があなたの疑問にお応えできていましたら幸いです😊

 

ABOUT ME
佐藤 恭子
佐藤 恭子
美容や健康マニアで成分の鬼。食事管理によるダイエットや、美容、スキンケアに関する内容を執筆します。専門性と一般的な疑問・視点のバランスを常に意識。ライトな内容でも、読む方にとって役立つ内容を心がけています。